乾燥肌から卒業!生コラーゲンでラメラを考える『ラメラエッセンスC』�A

加水分解コラーゲンと、生コラーゲンを比較すると、保水力ではおおよそ600倍の差が出てきます。
乾燥肌の方にとっては、ラメラ構造が乱れているので、整えて行く為に、保水力が幅広いコスメティックスを選択する事で、効果も出やすくなります。

●フェース 生コラーゲン ラメラエッセンスCの特徴●
35歳あたりを過ぎると、責任のある仕事を任されていたり、結婚を通じて子どもを産んで…とすごく一生が変わったりと、変化が著しい時期だ。
そして肌の新陳代謝も、体力という面でも低下していくる頃。
すると、肌への影響も顕著として、目元や口元のしわ、肌荒れ、くすみ、シミ…と気になる悩みも増えていきます。

そういう原因には様々な要因が考えられますが、その1つにラメラ構造の乱れが考えられます。
顔の皮膚というのは、結構無いはご存知の方も多いでしょう。
では、どのくらいかご存知ですか?

実は、厚さでいうと、0.02mmしかありません。
これはラップほどの薄さだ。
こういう単に0.02mmしかない角質層が、外部からの刺激です紫外線や乾燥といった物から守ってくれたり、内側にある水分が外へと逃げださないようにフタをしてくれていらっしゃる。
しかし、ラメラ構造が乱れてしまうと、皮膚は健康な状態を保つ事が出来ない為、ありとあらゆる刺激に対して反応してしまい、水分も保っておる事ができなくなってしまい、肌荒れへと繋がります。

こういうラメラ構造の乱れに着目して開発されたのが、今回ご紹介する美容液になります。

・生コラーゲンを肌の奥深くへ・
といっても、先ほど解説した通り、生コラーゲンのままでは分子量が大きくて、このままでは浸透させて出向く事がむずかしいという壁があります。
また、熱にもしょうもないという特徴があるので、製造過程の中で熱を送る事も出来ず、製品化始めるにあたっては、多くの困難がありました。

しかし、そこでたどり着いたのが、『フリーズドライ製法』という手法だ。
これは、お肌に使用する前に専用ウォーターと取り混ぜわせる事で、生コラーゲンを肌の奥深くまで贈るという方法。
これによって、約23兆個にもおよぶ生コラーゲンを配合する事に成功したのです。

・美容成分も配合・
生コラーゲンを浸透させて保水力をつりあげる他にも、必要な働きがあります。プライムルージュが最安値