クリニックでのシワ改善方法

セルフケアだけではとにかくシワが改善されないという方や、本格的に眉間のシワをなんとかしたい方は、美容皮膚科などのクリニックでシワ治療を受けるのがおすすめです。
ここでは、クリニックでいただける加療について、メリットやデメリットを含めてご紹介します。

ボトックス注射は、筋弛緩作用のあるタンパク質(ボツリヌストキシン)を注入し、筋肉の収縮ところ出来上がるアセチルコリンという物質の働きを食い止めることによって筋肉の収縮を抑制するシワ取り法だ。ボトックスはシワ治療薬としてFDA(米食品医薬品局)で認可され、安泰や効果について確立されているものでもあります。
眉間のシワを作ろうとする表情筋の動きを緩和させる結果、いまやできてしまった眉間のシワを消し、近々とれるシワを予防する効果があります。しかし、その作用が他の筋肉にまで及んでしまうと、表情が不自然にこわばったり、ものを噛むときに違和感を覚えることもあります。また、効果が持続するのは4〜半年程度なので、定期的に注入する必要があります。

ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸をシワなどへこんです部分に直接注入することで、たるんでしまった肌のハリを奪い返す方法だ。ヒアルロン酸は皮膚にも存在しており、肌のうるおいを保つサポートを担っている成分だ。化粧水やクリームに配合されているものもありますが、分子が大きっく、真皮と呼ばれる肌の奥の組織までは届きません。注射であれば効かせたい部分の直下に注入し、皮膚を勢いづける結果シワを目立たなくすることが可能です。
ヒアルロン酸注射は痛みも副作用も薄く、翌日からメイクも可能です。しかし、持続期間は個人差がありますが、半年から1年くらいで体内に吸収されて元に戻ってしまうので、定期的に注入する必要があります。

他にもグロースファクター注射というのがあって、皮膚のコラーゲンを増やすことで皮膚のハリを押し出す加療だ。グロースファクターは、ボトックスのように筋肉の動きを制するものではなく、動きに制限はないため、仕上がりもナチュラル印象になります。
ひとたび治療効果が出ると、せめて数年以上はいい状態を維持できますが、ただ、効果が出るのに3〜6カ月かかり、速効性は期待できません。こちら