「ザレイン」は近未来への警笛

海外ドラマと言えばアメリカ制作ドラマが最もお金に物を言わせスゴイパフォーマンスを発揮しnetflixドラマを期待し探る者全てを虜にしがちなのですがこういう��ザレイン�≠ヘそういったアメリカのチャンネルが取る巨大スペクトルドラマは一味違いデンマークが作ったちょっぴり嗜好が変わったSFスペクトルなのです。

そしてこういうドラマのタイトルは��雨に打たれたらことごとく死に達する�≠サの正体のネタバレを先に述べれば企業の策略で製造されたさ殺人ウイルスだった訳です。
そういうウイルスが蔓延したデンマークを舞台に主人公の父フレデリックの会社(アポロン社)が作ったシェルター内に導かれ生き残る主人公の少女(シモーン)と弟(ラスムス)に加えのちのち巡り会うであろう生き残った仲間達との絆を中心に描かれた冒険活劇なのです。

しかし視聴して見て初めから変だったのは、そんな大事態にも関わらずデンマーク人のお父さんって家族の生命の危機をも聞き流し仕事のやり記しがあると一言記しどこかに行ってしまえる物なのか?あんな父は行方不明のまま時がたち生死もつかめない謎だらけの存在であった訳だが可哀そうなのは母なのです。

その後主人公は自らの不注意により母もウイルス感染で死なせてしまい失意のどん底からも立ち直り大冒険へと出すのです。
そんな事で兄妹のシェルター生活も6年がたちやっと食糧も尽きかけた事によりシェルター脱出を図った事から話は広く展開し旅の途中で逢う(捕まる)武装集団盛り込む様々な集団や謎の人肉捕食人種とも係わりながら成長し生き残るのですが最後は父フレデリックともようやっと再会できメデタシメデタシとなるはずでした!しかし、そうならないどころかまことに父までもが関わった企業陰謀だと後ほど分かり謎のウイルスにまつわる驚愕の事実がずっと解明されて出向く模様はまずまず興味深く、是非腰を据えて視聴する事をおすすめやれるドラマだと思われます。

何よりもアメリカ制作は一味違うオチを味わえ、アメリカンドラマに疲れたままお口直し的流れで楽しめる事が特徴なのかもしれません。

私も初めは昔マンガで見た��さいとうたかを�≠フ��サバイバル�%I冒険活劇の洋画版みたいなテーストを想像していたのですが途中からアメリカンヒーロードラマかと勘違いし最後は結局は企業の企みで作られた��黒い雨�≠ンたいな展開も加わった化学兵器さ物であったと理解し原爆が投下され黒い雨が降りそそいです島国日本では今後自然災害で街が廃墟化する事は予想されてもこんな悪賢い企業ははびこらないであろあうと安心した次第です。http://www.partycentrum-de-olifant.nl